NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン

NEC Wheelchair Tennis Masters2日目、男女クアードの各クラスとも予選リーグの2試合目が開催されています。女子予選リーグ1から、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)とシャロン・ワルラヴェン選手(オランダ / ITFランク7位)の対戦のレポートです。両者とも昨日の初戦を落としており、決勝トーナメント進出のために勝利が欲しいところです。

第1セット第1ゲームを1ポイントも落とさずにキープした上地選手は、続く2ゲームも圧倒して取り3-0とリードします。第4ゲームは2度のデュースとなりますが、ここも上地選手がブレーク。勢いは止まらず6-0で第1セットを獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン 上地選手
第1セットを6-0と圧倒して取った上地選手

第2セットはワルラヴェン選手がブレークしてスタート。第2ゲームは上地選手がブレークし返しますが、第3、4ゲームとワルラヴェン選手が取って優位に立ちます。いずれもデュースとなった第5、6ゲームを取って3-3のタイとした上地選手に対し、ワルラヴェン選手も続く2ゲームを取り5-3とリードしました。

第9ゲームをキープした上地選手は、6度のデュースの末に第10ゲームをブレークし5-5と追いつくと、8度デュースにもつれ込んだ第11ゲームも取り、このセット初めてリード。ミスの許されない緊迫感溢れるラリーを見せる両選手に、観客は拍手を送ります。第12ゲームは上地選手がリターンエース2本などで取り、7-5で第2セットを獲得。上地選手が6-0、7-5で今大会初勝利を上げました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン ワルラヴェン選手
第2セット、粘りのテニスを見せたワルラヴェン選手

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: