NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

いよいよ最終日を迎えたNEC Wheelchair Tennis Masters。13時半開始の男子決勝戦には400人近い観客が集まりました。大会2連覇中の国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)と、ニコラ・ペフェール選手(フランス / ITFランク7位)の対戦です。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

第1セット第1ゲーム、40-0としたペフェール選手がサービスエースを決めてキープ。対する国枝選手は第2ゲームをキープすると、第3ゲームは30-30から2ポイント連取でブレークします。第4ゲームは、15-40からペフェール選手がリターンエース2連発でデュースに持ち込みますが、国枝選手が競り勝ちキープしました。8度のデュースにもつれ込んだ第5ゲームも国枝選手が取り、ゲームカウント4-1とリードを広げます。

国枝選手は第6ゲームをキープすると、第7ゲームでは40-15から追いついてのブレークで、第1セットをで6-1で制しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール 国枝選手
国枝選手

第2セットに入っても国枝選手優勢は変わらず、3ゲーム連取となります。第4ゲーム、15-40とされたペフェール選手でしたが、ここから粘りを見せ、5度のデュースの末にキープに成功しました。第5ゲームをキープした国枝選手は、続くゲームも常にポイント先行しブレークします。第7ゲームも難なくキープし、第2セットも6-1で獲得。6-1、6-1で圧勝した国枝選手が、3年連続となるシングルスマスターズのタイトルを勝ち取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール ペフェール選手
ペフェール選手。国枝選手の圧倒的な勢いを止めることができなかった。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール 国枝選手
優勝を祝う観客の拍手に応える国枝選手

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール ペフェール選手
準優勝のペフェール選手

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール 国枝選手
国枝選手は2014年のシングルスのビッグタイトルを全て手にした

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: