2014 メルボルンOP 男子D準決勝 リード・シェファーズ-藤本・ジェラード

メルボルンOP男子ダブルス準決勝です。準々決勝で日本の三木・眞田ペアを大接戦の末にタイブレークで下した、リード(イギリス。ITFランク ダブルス5位。試合日時点)・シェファーズ(オランダ。ITFランク ダブルス4位)ペアと、藤本(ITFランク ダブルス22位)・ジェラード(ベルギー。ITFランク ダブルス7位)ペアが顔を合わせました。

第1セットは、藤本・ジェラード組のサービスゲームでスタート。デュースの末にジェラード選手の強烈なサービスエースでキープします。しかしショットの安定するリード・シェファーズペアがここから3連取し、ゲームカウントを3-1としました。

メルボルンOP 男子D準決勝 リード・シェファーズ-藤本・ジェラード シェファーズ選手

第5ゲームは30-30からデュースに。相手のダブルフォルトでアドバンテージを得たリード・シェファーズペアが次のポイントを決めてゲームを取ります。続く第6ゲームもリード・シェファーズペアが制しました。5-1で迎えた第7ゲーム、デュースにもつれ込むとお互いにショットを決めて一歩も譲りませんが、藤本・ジェラードペアが粘りを見せてキープします。第8ゲームはリード・シェファーズペアが確実にポイントを積み重ね、ゲームカウント6-2で第1セットを獲得しました。

メルボルンOP 男子D準決勝 リード・シェファーズ-藤本・ジェラード リード選手

第2ゲーム、第1セットをダブルフォルトなど自らのミスで落としてしまった藤本・ジェラードペア。続くセットもその流れを修正できず、リードを広げられていく苦しい展開となります。

メルボルンOP 男子D準決勝 リード・シェファーズ-藤本・ジェラード ジェラード選手

ゲームカウント5-0で迎えた第6ゲーム。デュースとなってから両者ともに決めきれない中、4度目のアドバンテージから決めたリード・シェファーズペアがキープに成功。6-2、6-0で勝利し、決勝戦へと駒を進めました。

メルボルンOP 男子D準決勝 リード・シェファーズ-藤本・ジェラード 藤本選手

※大会情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: