2014 メルボルンOP 女子D決勝 上地・堂森ーカラティ・マンズ

メルボルンOP女子ダブルス決勝戦です。日本の上地選手(ITFランク ダブルス3位。試合日時点)、堂森選手(ITFランク ダブルス45位)ペアと、地元オーストラリアのマンズ選手(ITFランク ダブルス48位)、カラティ選手(ITFランク ダブルス70位タイ)の対戦となりました。

試合は終始日本ペアが優位に進める展開となりました。第1ゲームを40-15から、第2、3ゲームも連取し、ゲームカウントは3-0に。ショットが安定しないオーストラリアペア、第4ゲームはデュースに持ち込みますが、ここも日本ペアが決めました。第5ゲームはラブゲームで取った日本ペア、第6ゲームはミスショットが続き、5-1となります。この1セット獲得に地元の応援団からは、オーストラリアペアに対する大きな歓声が上がりました。第7ゲームは上地選手のサービスエースもあり、再びラブゲームで日本ペアがキープ。6-1で第1セットは終わります。

メルボルンOP 女子D決勝 上地・堂森ーカラティ・マンズ

第2セット、第1、2ゲームはラブゲームで日本ペアが、第3ゲームはオーストラリアペアが取りました。第4ゲーム、デュースとなってから両者決め手を欠きますが、最後は8度目のデュースで日本ペアが決着を付けます。第5~7ゲームを連取した日本ペアが、セットカウント6-1、6-1で決勝戦を制しました。

メルボルンOP 女子D決勝 上地・堂森ーカラティ・マンズ マンズ選手

IMG_3693_tenis_20140119.JPG

※大会情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: