2014 メルボルンOP 男子S決勝 国枝-シェファーズ

女子に続いて男子シングルス決勝です。国枝選手(ITFランク1位)とシェファーズ選手(オランダ。ITFランク ダブルス5位)の対戦となりました。

国枝選手のサービスゲームで第1セットがスタート。第1ゲームは40-30から国枝選手のショットが左隅に決まりキープとなります。第2ゲームも強烈なストレートなどでブレークした国枝選手、2度のデュースの末に取った第3ゲーム、ラブゲームの第4、5ゲームと、強さを見せてゲームカウントを5-0としました。第6、7ゲームはデュースからシェファーズ選手が取って5-2。第8ゲーム、シェファーズ選手が最初にポイントを取りますが、国枝選手が一気に4本ショットを決めてブレーク。第1セットは6-2で国枝選手が獲得しました。

メルボルンOP 男子S決勝 国枝-シェファーズ 国枝選手

第2セット、国枝選手はテンポの良いプレーで次々とポイントを重ねていきます。第1ゲームをキープすると、第2、3と連取。第4ゲーム、シェファーズ選手にサービスエースが出ますが、15-40から国枝選手がブレークしました。続く2ゲームも相手に主導権を与えず、第2セットは6-0。6-2、6-0で勝利した国枝選手が、メルボルンOP優勝を決めました。

メルボルンOP 男子S決勝 国枝-シェファーズ シェファーズ選手

※大会情報は大会HPをご覧下さい

※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: