UNIQLO Wheelchair Doubles Masters

【Raito Ray Hino 寄稿記事】

11月5日から、アメリカ、カリフォルニア州のMission Viejoにて、UNIQLO Wheelchair Doubles Mastersが開催された。男子8組、女子6組、クアッド4組が参加した。男子女子は2グループに別れ総当り戦を行い上位2組が決勝トーナメントに進出、クアッドは4組で総当り戦を行い、上位2組で決勝、下位二組で3位決定戦を行った。

UNIQLO Wheelchair Doubles Masters
上地結衣選手

それぞれのラウンドロビンの組み合わせは以下の通り。また、男女の決勝トーナメントでは、Pool 1の1位とPool 2の2位、Pool 1の2位とPool 2の1位が対戦する。

男子

Pool 1

Gerard /

Houdet

Kunieda /

Maripa

Egberink /

Scheffers

Medeiros /

Rodriguez

Gerard /

Houdet

6-3, 6-4

6-3, 6-2

6-0, 6-2

Kunieda /

Maripa

3-6, 4-6

4-6, 6-1, 6-4

6-4, 6-0

Egberink /

Scheffers

3-6, 2-6

6-4, 1-6, 4-6

6-2, 6-2

Medeiros /

Rodriguez

0-6, 2-6

4-6, 0-6

2-6, 2-6

1位、Gerard / Houdet

2位、Kunieda / Maripa

Pool 2

Jeremiasz /

Reid

Fernandez /

Peifer

McCarroll /

Phillipson

Baldwin /

Welch

Jeremiasz /

Reid

6-0, 3-6, 6-2

6-3, 6-1

6-2, 6-3

Fernandez /

Peifer

0-6, 6-3, 2-6

6-2, 7-5

6-0, 6-2

McCarroll /

Phillipson

3-6, 1-6

2-6, 5-7

6-3, 6-3

Baldwin /

Welch

2-6, 3-6

0-6, 2-6

3-6, 3-6

1位、Jeremiasz / Reid

2位、Fernandez / Peifer

女子

Pool 1

Kamiji /

Whiley

Buis /

Spaanstra

Kaiser /

Martinez

Kamiji /

Whiley

6-3, 6-7(7), 6-7(5)

6-2, 6-0

Buis /

Spaanstra

3-6, 7-6(7), 7-6(5)

6-4, 6-4

Kaiser /

Martinez

2-6, 0-6

4-6, 4-6

1位、Buis / Spaanstra

2位、Kamiji / Whiley

Pool 2

Ellerbrock /

Shuker

Hunt /

Kruger

Mardones /

Verfuerth

Ellerbrock /

Shuker

6-3, 6-0

6-1, 6-2

Hunt /

Kruger

3-6, 0-6

6-4, 7-5

Mardones /

Verfuerth

1-6, 2-6

4-6, 5-7

1位、Ellerbrock / Shuker

2位、Hunt / Kruger

クアッド

Pool

Taylor /

Wagner

Cotterill /

Hasterok

Burdekin /

Lapthorne

Buck /

Raffaelle

Taylor /

Wagner

7-6, 5-0

7-6(5), 2-6, 6-3

6-0, 6-1

Cotterill /

Hasterok

6-7, 0-5

4-6, 2-6

6-2, 6-2

Burdekin /

Lapthorne

6-7(5), 6-2, 3-6

6-4, 6-2

6-1, 6-2

Buck /

Raffaelle

0-6, 1-6

2-6, 2-6

1-6, 2-6

1位、Taylor / Wagner

2位、Burdekin / Lapthorne

男子の決勝トーナメントでは、 ラウンドロビンを2位で通過した Kunieda / Maripa組は、Kuniedaに引っ張られながらMaripaのラウンドロビンからの好調さを決勝トーナメントでも発揮し、1セット目は先取されるもの見事な粘りを見せ、フルセットに持ち込んだが力尽きた。Maripaはグランドスラムに出場するランキングはクリアしていないが、大会直前に急遽出場を決めたKuniedaとの急増コンビだったが、共にグランドスラムに出場するJeremiasz / Reid相手にも十分勝負できる力を見せた。

決勝はGerard / HoudetがJeremaiasz / Reidに6−4、6−1で勝利した。Houdetはダブルス年間グランドスラムとマスターズ制覇を達成した。

UNIQLO Wheelchair Doubles Masters
国枝慎吾選手

女子は今年の年間グランドスラムペアのKamiji / WhileyとBuis/ Spaanstraのラウンドロビンの試合は、気温30度を超える酷暑の中なんと4時間を超える熱戦となった。2セット目のタイブレークで先にマッチポイントを獲得したのはKamiji / Whileyであったが、Whileyの利き手の負傷とBuis / Spaanstraがそこを徹底して狙われファイナルセットもフルセットの末に逆転されてしまった。

決勝トーナメントでは、Kamiji / WhileyはEllerbrock / Shukerにストレート勝ちし今季の強さを象徴した戦いぶりだった。そのペアにラウンドロビンで勝利したBuis / SpaanstraはHunt / Krugerにフルセットで敗れた。

決勝はKamiji / WhileyがHunt / Kruger相手に6−2、6−1の快勝、今季のグランドスラムに加えマスターズも制覇し、2014年のダブルスを席巻した。

UNIQLO Wheelchair Doubles Masters
優勝の上地・ワイリー組

クアッドでは、Taylor / WagnerがBurdekin / Lapthorneをラウンドロビンに続いてフルセットで勝利し、今大会負けなしの完全優勝を達成した。

(取材:Raito Ray Hino)

関連記事: